歯の噛み合わせは肩こりや腰痛だけでなく不定愁訴・自律神経失調症・ストレスの原因にもなります。

日本噛み合わせ研究センター


●無料電話相談●

0120-011-456
噛み合わせに関する苦痛はありませんか?
どうぞお気軽にお電話ください。

 
当サイトでは歯の噛み合わせ治療の最新理論と症例のご紹介をしております。
 
TOPページ
噛み合わせで生活が変わる
噛み合わせ調整の危険
噛み合わせの新しい理論
当センターについて
当センターについて
治療費用について
当センターについて
スタッフ募集
 

メインテナンス

◆噛み合わせ治療が難しい最大の原因〜2つの早期接触〜

早期接触とは、下顎が静かに上顎に向かって閉じるとき、最初に接触する上下の歯の点またはエリアのことを言います。

このように一言で言ってしまうと、とても簡単なように聞こえてしまいますが、これまでは、この早期接触こそが、噛み合わせ治療において歯科医師・患者様の双方を悩ませている最大の原因でした。実は、この早期接触には、まったく違う2種類のパターンが存在します。

このことは歯科の分野でも一般的にはほとんど知られておらず、それがこれまでの噛み合わせ治療を難しくしていた最大の原因なのです。


◆最初の治療は早期接触除去から

私たちは安静状態でいる時、つまり全身の力を抜いてリラックスしている時は上下の歯は離れているのが一般的です。

この安静状態からゆっくり噛み合わせをしていった時上の歯と下の歯が出来るだけ広い面積で同時に接触する、つまり出来るだけ沢山の歯同士が出来るだけ均一に接触することによって、噛み合わせが安定します。

もしどこか特定の場所が先に当たったり、強く当たったりすると、それは下顎のスムーズな動きを妨げる物、つまり障害物として脳に認識されます。

これが習慣的に繰り返されると、下顎を動かす神経筋機構が無意識のうちに障害物を避けることを指示し、下顎は正常のルートと異なった軌跡を描いて噛み込みを行うようになって顎ずれを起こしたり、またぶつからない場所を探してさ迷ったりして噛み合わせが不安定になる要因を作りだします。

従って、早期接触の存在の探索とその除去とは噛み合わせ治療を行っていく上で、最初に行わなければならない不可欠の処置となります。ところがこの早期接触を正確に探し出すことはなかなか困難です。


◆2つの早期接触

悩みの種と言いました2つの早期接触について症例を交えてお話します。1つは、私達が静かに口を閉じた時最初に触れる歯と歯です。(重心移動していない状態=習慣性咬合位早期接触)

これは個人差が大きく、明らかに早期接触が認められるにもかかわらず自覚のない方やわずかな接触でも偏頭痛や首、肩、腰そして足など全身に症状が波及して悩まれている患者様などさまざまです。

早期接触が存在すると口腔内では
1…
片側噛み(常にどちらかでしか噛めない)
2…
噛むと痛い、腫れる、出血する、排膿する
3…
動揺してくる
4…
しみる
5…
力が入らない
6…
食片圧入

7…

歯牙あるいは歯根の破折
8…
どこで噛んでよいか分からない
9…
舌や頬を噛んでしまう
10…
口内炎がよく出る
11…
強く噛みしめている
12…
歯軋りする
13…
歯並びが変わる
14…
その他
以上のような症状が現われやすくなります。

2つめは、重心移動された顎の位置における早期接触です。(重心咬合位早期接触)

これは身体が最も重心の意味を理解する位置なのですが、歯科医療の場においてほとんどの場合には理解されていない噛み合わせの位置でもあるのです。

そのためその位置で起こっている早期接触は医療側に見えていず、その狭間に苦しんでいる患者様が多数おられるのではないかと思っています。

SASOにおいてはこの1つめと2つめの早期接触を一体化して癒合させ、必要に応じて除足を行い、限りなく1つの、最も安定した下顎位と噛み合わせとにしていくのです。これが自然の状態に最も調和したその人固有の噛み合わせであるゆえに、患者様が初めて心身ともに癒されるのです。

では早期接触除去について写真で説明しましょう。


左…
早期接触の写真です(重心移動前)
中…
早期接触の写真です(重心移動後)
右…
早期接触除去後の写真です(重心移動咬合位=最も癒される噛み合わせです)



 
日本噛み合わせ研究センター  〒177-0051 練馬区関町北2-24-9 電気館マンション2階
Tel:0120-011-456